出産準備!買って良かった&追加で必要だったグッズをご紹介 

双子出産のため、早産を想定して早めの準備をするように助産師さんから言われていました。

そのため、妊娠7ヶ月目にはスーツケースに入れて準備を完了していました^^

何が起こるか想定できないので早めの準備はおすすめです!!

ペットボトルに取り付けるストロー&ペットボトルの飲み物5本

こちらは必須!!

出産当日、病院のコンビニで購入しました。

出産後、ベッドに寝たきりで寝返りをすることも困難なのでこちらのストローで水分補給します。

飲み物はとりあえずペットボトルの水かお茶を5本くらい準備しておく事をお勧めします。

マタニティパジャマ

ベルメゾン「マタニティサイズ綿100%2WAY長袖ワンピースパジャマ」

私はこちらのパジャマを3着、準備しました。

産前産後着ることができ、産後も授乳がしやすく、ポケットがついているので髪を結ぶシュシュや子供の保湿クリームを入れたり便利です!

普段着ているサイズよりワンサイズ大きめをお勧めします。

身長162㎝で普段着ているサイズはMサイズですが、Lサイズを購入しました。

また、私の場合、産後太りのため大きめのサイズで良かったと思います^^;

色はネイビー、グレー、白のストライプを購入しました。

白にオレンジのストライプは可愛いのですが、インナーが透けるので入院中、病院内を歩くことを考えると濃いめの色を選んだほうが良いかもしれません。

授乳ブラ

ピジョン ふんわりやさしい授乳ブラ【M・L】

授乳に便利なフロントオープンのこちらのブラは産後の今でも毎日使っています。

肩ひもが太く安定感があるのでストレスになりません。

使いやすくリピートで購入しまいた。

マタニティショーツ

マタニティショーツはハイライズ(お腹まで隠れるタイプ)とローライズがありますが、私の場合、

産前はローライズ

産後はハイライズ

です。

産前はハイライズでお腹を覆うとゴムが窮屈でしたのでハイライズを着用していました。

産後はお腹が完全に戻らずぽっこり出ていますし、冷え性対策としてもハイライズを使っています。

夜用生理用ナプキン

入院先の病院(横浜市民病院)の入院セットにも入っていましたが、それでは足りなかったので、追加で2パックは持っていくことをお勧めします。

足のむくみ対策

寝ながらメディキュット

出産後は足がとてもむくみパンパンになるので、助産師さんの進めでこちらを使っていました。

目の疲れ対策

蒸気でアイマスク

産後は目が疲れやすいので、ベッドに横になりながらこちらのアイマスクで目を休めリラックス

スキンケア

産後は立ち上がるのもやっとでしたので、スキンケアをする余裕がありませんでした。

パックは一度に済むので便利でした。

私は韓国のメディヒールを愛用しています。色々なパックを使いましたがこちらのパックが一番お気に入りです。

入院生活を振り返って

産後は2、3時間おきに授乳でとても忙しいですが、休める時は何もしないでゆっくり過ごしていました。テレビもスマホも目が疲れてしまうので、ほとんど見ませんでした。

退院後は育児で大忙し!リラックスアイテムを持ち込み、入院中はしっかりと休み、ひとりの時間を楽しんでくださいね^^

私の横浜市立市民病院での入院体験談はこちらをご覧ください↓

おすすめ記事